映画

スポンサーリンク
映画レビュー

映画『ジゴロ・イン・ニューヨーク』(2013年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ジゴロ・イン・ニューヨーク』は、不況にあえぐ男性2人が男娼ビジネスを始めたことから、さまざまな騒動に巻き込まれていくコメディです。 監督、脚本、主演はジョン・タトゥーロ。タトゥーロの原案を気に入ったウディ・アレンが相手役を演じます。
監督別 ウディ・アレン

映画『僕のニューヨークライフ』(2003年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『僕のニューヨークライフ』は、コメディ作家の若者と同棲中の奔放な恋人を描いたラブコメディです。 マンハッタンを舞台に、若手作家とその恋人ー、あの『アニー・ホール』(1977年)を彷彿させるウディ・アレン監督作品です。
監督別 ウディ・アレン

映画『アニー・ホール』(1977年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『アニー・ホール』は、NYを舞台に男女の恋と別れを描いたラブストーリーです。 ウディ・アレンの初期の名作で、シニカルなストーリーや凝りに凝った演出と撮影技法、アニーのファッションなど、さまざまな見どころのある傑作です。
映画レビュー

映画『2人のローマ教皇』(2019年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『2人のローマ教皇』は、現ローマ教皇フランシスコ(ホルヘ・マリオ・ベルゴリオ)と、先代のベネディクト16世の代替わりの裏側を描いた映画です。 かなり脚色はされていると思いますが、実話をベースに教皇の人間性を深く描いた作品です。
映画レビュー

映画『ブレックファスト・クラブ』(1985年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ブレックファスト・クラブ』は、タイプの違う5人の高校生が補習授業を通して心を通わせ、自分とは何かを模索する姿を描いた青春映画です。 監督は、青春映画の巨匠ジョン・ヒューズ。『すてきな片思い』に続いてモリー・リングウォルドを起用。主題歌(シンプル・マインズ「Don’t You (Forget About Me)」)とともに今でもカルト的人気を誇る青春映画の金字塔です。
明日のヒントを映画で

大人の女性の腕時計は宝飾品にあらず! 映画に学ぶ、大人のお洒落

オバサンが際立ってしまう50代のお洒落。年齢やカテゴリーにとらわれず、自分のファッション、自分のお洒落を確立したい!という悩める私による、「映画に学ぶ、大人のお洒落研究」今回のお題は、腕時計です。 大人の女性にふさわしい腕時計のヒントを映画の中に探して見ました。
2020.03.20
監督別 ウディ・アレン

映画『ギター弾きの恋』(1999年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ギター弾きの恋』は、才能がありながら傲慢で自分勝手な態度で周囲を翻弄するギター奏者の男を描いた物語です。 ジャズ愛好家でミュージシャンでもあるウディ・アレンが描く、音楽と音楽家の「業」とはー。
映画レビュー

映画『レディ・バード』(2017年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『レディ・バード』は、自身をレディ・バードと名乗る女子高生の進学問題や恋愛模様を描いた青春映画です。 脚本・監督は、『フランシス・ハ』や『20センチュリー・ウーマン』の女優グレダ・ガーウィグ。女子のホントの痛々しさが描かれた秀作です。
映画レビュー

映画『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』(2014年)のザックリとしたあらすじを見どころ

映画『ニューヨーク 眺めのいい部屋売ります』は、画家の夫とその妻のシニア夫婦の「転居」をめぐるお話です。 住み慣れた部屋を売却し、新たな部屋を探す。それは自分たちの過去、今、これからを見つめ直す機会になりー。 ダイアン・キートンの「シニアオシャレ教本」的映画です。
監督別 ウディ・アレン

映画『ウディ・アレンの6つの危ない物語』(2016年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ウディ・アレンの6つの危ない物語』は、かつてコピーライターや小説家として成功した男性が、自宅に転がり込んできた政治活動家の逃亡犯に巻き込まれる騒動を描いたコメディです。(AmazonのオリジナルTVドラマ作品)
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました