映画

スポンサーリンク
ロマコメ

映画『マジック・イン・ムーンライト』(2014年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『マジック・イン・ムーンライト』(2014年)は、世界的有名マジシャンが若くて魅力的な霊能力者に翻弄されるラブコメディです。 ウディ・アレン監督おなじみの厭世的で皮肉屋な中年男性の不器用な恋。その中年男性を演じるのはコリン・ファース。ウディ・アレン✕コリン・ファースの相性やいかにー。
ヒューマンドラマ

映画『やさしい本泥棒』(2013年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『やさしい本泥棒』は、第二次世界大戦に向かうナチス政権下のドイツを舞台に、本を読むことで勇気や希望を持って生きていこうとする少女とその家族らを描いたヒューマンドラマです。ジェフリー・ラッシュ演じる老養父の愛の深さに胸打たれる映画です。
2021.01.24
ヒューマンドラマ

映画『シカゴ7裁判』(2020年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『シカゴ7裁判』は、ベトナム反戦運動による暴動を扇動した罪に問われた政治活動家7人(シカゴセブン) と、のちに悪名を残す裁判を描いた作品です。1968年の実話をもとに、アーロン・ソーキンが脚本・監督。2020年大統領選直前のアメリカを刺激した1本です。
2021.01.24
歴史ドラマ

映画『ドクトル・ジバゴ』(1965年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ドクトル・ジバゴ』は、ロシア革命期のロシアを舞台に、医師で詩人のジバゴと最愛の女性ラーラの運命的な恋愛を描いた壮大なラブストーリーです。原作はロシアの文豪ボリス・パステルナークの同名小説。「これぞ映画!」と言わしめる名作です。
2021.01.24
サスペンス/ミステリー

映画『ハリウッドランド』(2006年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ハリウッドランド』は、人気俳優の死の真相をめぐり、当時の映画界、テレビ界の闇を描いた実話に基づく物語です。 苦悩の大根役者を演じるのはベン・アフレック。その真に迫る演技が見どころの1本です。
2021.01.24
歴史ドラマ

映画『サンストローク 十月革命の記憶』(2014年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『サンストローク 十月革命の記憶』は、十月革命後のロシアを舞台に、白軍の将校の刹那な恋とロマノフ朝の末期の世界を描いた映画です。原作はイワン・ブーニンの短編小説『日射病』。監督はロシアの名匠、ニキータ・ミハルコフ。ロシア革命期の歴史をふまえて、悲愴美あふれる世界を味わいたい1本です。
2021.01.24
おすすめの映画

2020年 私が見た「ベスト映画」を発表!

2020年は世界中が新型コロナ一色となった1年でした。例年以上におうち時間が増えたこともあって、たくさんの映画(110作品/12月20日現在)を見ることができました。その中から選ぶ「2020年に私が見たベスト映画」です。どうぞ。
2021.01.18
青春映画

映画『ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから』(2020年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから』は、アメリカの田舎町に暮らす内向的な女子高生と「ラブレターの代筆」がもたらす三角関係を描いた映画です。青春映画をベースに同性愛や移民問題、文学の引用など多彩な要素を盛り込んだ世界は必見!
2021.01.24
TVドラマ(国内・海外)

2020年 私が見た「ベスト海外ドラマ」を発表!

おうち時間がたっぷりあった2020年。これまであまり見ていなかった海外ドラマにすっかりハマってしまった1年でした。 新旧さまざま次から次に動画サイトに「おすすめ」されるドラマ地獄、いやドラマ天国から、今年のマイベスト海外ドラマを発表します。
2020.12.29
ミュージカル

映画『ザ・プロム』(2020年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『ザ・プロム』は、落ち目のブロードウェイ俳優たちが、ある女子高校生を救おうと立ち上がるミュージカルコメディ。 田舎町を舞台に偏見や固定観念と戦うライアン・マーフィー監督作品となれば、そう!あの人気ドラマ『glee』の感動がよみがえる1本です。
2021.01.24
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました