まんざらでもない日記

まんざらでもない日記

動物木彫展に行く/『東京ディストピア日記』を読む/山本文緒さん逝く

緊急事態宣言解除後初のお出かけは動物木彫展!/『東京ディストピア日記』桜庭一樹著を読む。淡々とつづられる日記だからこそ伝わるかけがえのない日常/作家山本文緒さん逝く。感謝しながら再読したい。の3本です。
まんざらでもない日記

いろいろ変わる「祝日」/ヤフコメに注意喚起が/『真実の終わり』を読む

元「体育の日」が「スポーツの日」になり、今年は前借りで消化したため本日は平日という悲報/荒れるヤフコメの要否、とりあえず注意喚起が/「反ワク」「コロ茶」の構造を紐解く1冊『真実の終わり』を読む、の3本です。
まんざらでもない日記

カレーのノスタルジー/『マルチの子』を読む/なぜか書けない猫のこと

書評『味見したい本』を読んで思い出すカレーの話/著者の体験を基にした『マルチの子』を読む/飼い猫が亡くなった。なぜか私は猫のことは書けない、の3本です。
月刊まんざらでもないまとめ

2021年9月のまんざらでもないまとめ

2021年9月東京オリパラも終わり、月初早々に菅首相が退陣表明をした今月。世の中が新しい方向に進み始めることを期待して、今月のまんざらでもないまとめとまいりましょう。 自民党総裁選行われる(9月29日...
まんざらでもない日記

容姿イジリと多様性/米原万里を読む/疫学入門

小室圭氏のNYでの姿に「ロン毛」と世間がザワついた。これは容姿イジリではないか、という声が上がりー/米原万里の『嘘つきアーニャの真っ赤な真実』を読む。素晴らしき批評眼、すでに故人なのが残念/専門家の独自の見解はもういい。それよりも疫学的情報を。の3本です。
2021.10.02
まんざらでもない日記

現代の戦争を描く映画/こりゃ便利でありがたい/今日の空が一番好き

アフガンでの米軍誤爆で思いだす現代の戦争を描く映画/Android TVとリモコンの便利さに歓喜!どこまで進歩についていけるのか!?/『今日の空が一番好き、とまだ言えない僕は』(福徳秀介著)を読む、の3本です。
まんざらでもない日記

「TVも新聞も見ない」にも流派がある/「信じる」って実は重い/読書の秋、始まる

最近よく目にする「TVも新聞も見ない」これには流派があるようで、ちょっと気になることがー/「信じるか信じないか」に自分を追い込むのは危ない。「信じる」って実はめちゃくちゃ重い、を思い知る映画を1本/公立図書館の再開で予約本がイッキに到来!読書の秋、始まる、の3本です。
まんざらでもない日記

ボラットに見る「対話」の意義/良い記事には良い読者が/これも一種のWithコロナ

あのドキュメンタリー、ボラットに「対話」の意義を発見/アベプラの「こたつ記事」特集が示す「良い記事には良い読者がつく」という希望/”反ワクチン”も”コロナ脳”も静観可能!これも一種のWithコロナ、の3本です
月刊まんざらでもないまとめ

2021年8月のまんざらでもないまとめ

2021年8月 三度? 四度?の緊急事態宣言下の現在です。粛々と2回目のワクチン接種も終え、自分でできる対策を講じながらコロナ禍の喧騒を静かに見守る毎日です。というわけで、今月のまんざらでもないまとめです。どうぞ。 ...
まんざらでもない日記

「それでヨシ」と言ってやりたい/難解な自分語り映画/アフガン紛争と映画

「人と比べない、マイペースにやっていく」とは言うものの、それはそう簡単なことではないけれど、だからこそ「それでヨシ」と言ってやりたい/やはりベルイマンは難解だった。これも一つの自分語り映画!?/アフガン紛争とはナンだったのか。映画に一言申したい。の3本です。
タイトルとURLをコピーしました