苦手な本 は最後まで読むべきか? 苦手な本 との向き合い方

             
  • 2019.02.14
  • 2019.02.20
苦手な本 は最後まで読むべきか? 苦手な本 との向き合い方

読書をしていると、読み始めたものの「コレはちょっと苦手かも、最後まで読むのはしんどい……」となることがあります。

たかが本、たかが読書。苦手なものにあえて取り組む必要はないー、と思いながらも、最後まで読まなければわからないこともありそうで、途中で投げ出したとしても、あとあとモヤモヤしてしまいそうです。

 

苦手な本 と向き合うにはどうしたらいいのか。

向きあった先には何があるのか。

を考えてみました。

 

◆「苦手な映画編」はこちらです。

Advertisement

苦手な本 のジャンル

読みたいけど躊躇してしまう本

読みたいけど躊躇してしまう本のジャンルは、西洋や中国の歴史ものです。

学生時代から世界史がさっぱりで、地理関係や民族問題がよく理解できていないことが根本の理由です。

ところどころ興味のある時代(「フランス革命期」や「ヘンリー8世時代」)があっても、前後の歴史とつながらない。
歴史ものは時代を追うにしろ遡るにしろ、「つながり」がわかっていないと理解できないことが多いんですよね。

 

このほか、海外文学も読みたいけど苦手意識があるジャンルです。

なんとなく興味が沸かない本

小説のなかでは、ファンタジー系、冒険もの、ホラー系など。

食わず嫌いもあるのですが、「映画」と同様ありえない設定に入りこめません。

と言いつつ、森見登美彦作品は大好きなのですが……。

 

自己啓発本、ビジネス本、ありがたい系のエッセイ、著名人が書いた話題の本なども好んで読むことはありません。

というか、これらは今までに結構読んできたので、「もういいかな」「どうせ同じようなことしか書いていないよね」という気持ちになってしまうのです。

ギブアップの目安とは


読み始めてはみたものの、読み進めるのが苦痛になるときがあります。

 

設定がわかりにくい、文章が複雑、文体に馴染めない、登場人物に魅力がない、登場人物が多すぎるー。

理由はさまざまですが、どうしても無理だと思うときは、読むのをやめます!

 

映画の場合は、勝手に話は進んでいくし、全部見たところでせいぜい2,3時間。

が、本は映画と違って、自分が読まない限りは進まない。この先何時間、何日を費やせばいいのかわからないのです。

 

「このままコレを読むくらいなら、別の本を読みたいな……」という気持ちが沸いたら、とりあえずそこでストップです。

苦手な本 の読み方

歳を重ねるごとに自分が好きなものは固定されていき、興味の幅が広がらなくなってきます。

 

しかし、世の中にはたくさんの本があり、いろんな知識や表現に触れる機会があります。

「食わず嫌い」や「なんとなく」を理由に「読まないもの」と決めてしまうのは、もったいない気がします。

 

あえて苦手な本も読んでみたい。

 

では、どうやって苦手な本を読めばいいのでしょうか。

Advertisement

細部は読み飛ばす

苦手な小説を読むとき、または読み始めて苦手意識が沸いたときは、とりあえずストーリーを追うことだけを意識して読んでみます。

 

細かな表現、描写はすっ飛ばします。

それでも面白さが見いだせなければ、そこで終了です。

 

ただし、純文学の場合は逆です。

 

細部を意識して読む。

ストーリー展開を退屈に思ったとしても、表現や描写が物語る小説の世界にハマっていくかもしれません。

純文学は短いものが多いので、とりあえず最後まで読みます。

ガイド的な本を活用する

歴史、経済、政治ものなど、知識が浅いために読み進められないものは、知識を補うための他の本と並行して読みます。

たとえばこちら、『ローマ人の物語「ハンニバル戦記」』

 

Twitterで待宵スークさん(@matsuyoi_souk)が紹介されていた本です。

 

古代ローマ史とかめちゃくちゃ苦手な世界ですが、塩野七生氏のこの本は「いつかは読んでみたい」と思っていた本です。

 

が、いかんせん長い!

が、途中(の巻)からでも読める!

 

ということで、おすすめの『ハンニバル戦記/上・中・下』にトライ。

ローマ史上最大の敵と言われた将軍ハンニバルとの闘いを綴った塩野七生氏によるノンフィクション小説です。

作者も書いていますが、世界史の教科書ではわずか5行の話を文庫(薄いですが)3巻に渡って書かれています。

当時のローマと周辺諸国の情勢、ハンニバルとのちの宿敵となるスキピオの人物像、今なお語り継がれる戦術などは充分に読みごたえがあるのですが、前の時代(ギリシャの時代やアレクサンドロス大王の話)がわかっていないがために、オモシロさが半減しているように思いました。

 

そこを世界史の教科書的な本でザックリとした知識を補いながら読むと、読み進めやすくなります。

◆ザックリとした知識の補完に

目次や見出し、協調部分だけを読む

ビジネス書や自己啓発本にありがちな、冗長で思わせぶりな文章にうんざりしてしまうこともー。

そのときは目次や見出し、各章のまとめなどの協調部分だけを拾い読みします。

それでも充分に言わんとするところはつかめます。

気になる部分のみ精読すればいいでしょう。

 

エッセイも首尾一貫したストーリーがあるわけではありません。

順番は気にせず、そのときの気分に合った見出しの部分を読むと読み進めやすくなります。

 

―――――――

 

苦手な本をわざわざ無理して読む必要はありません。

私は年1,2冊は途中で投げ出す本があります。

 

それでも、「何か」の思いがあって手に取った本です。

その「何か」は読んだ後にわかるのかもしれませんから。

 

◆苦難の末、投げ出した本

◆あえて読んだ話題の本

カテゴリの最新記事