ブログのタイトル 「煽り」「釣り」「キャラ作り」問題

ブログ作りとライティング
スポンサーリンク

ブログ(記事)のタイトルをどんなふうにつけるかー。

キーワードとか、文字数とか、内容との整合性とか、いわゆるSEO対策を丁寧に解説した記事は山のようにあります。

 

が、それとは別の問題で、「おっ!コレは!」と思って読んでみた記事が、内容が恐ろしく薄かったり、「結論はナシかいっ!詐欺やないかいっ!」という憤りを感じたり、『【悲報!】○○で△△をしてみたら、マジですごいことになったよ!』に、「それが?」と凍りついてしまったり、そんな経験、ありませんか?

 

「煽り」「釣り」「キャラ作り」-、どうしてこのようなブログ記事のタイトルができてしまうのでしょうか。

書き手としての「煽りタイトルの問題点」をまとめました。

 

スポンサーリンク

煽りタイトルの記事に「多様性」は求められていない

ブログは新聞や雑誌、公式サイトなどに比べ、より自由で多様性のあるメディアです。
誰でも自由に始めることができ、どこかのチェックを受けずとも公開できるのがブログの特徴のひとつでしょう。

しかし、書いて公開さえすれば人々に読まれるわけではありません。
「検索で少しでも上位に表示されるように」「ひとりでも多くの人にクリックされるように」記事タイトルを工夫する必要があります。

人気ブロガーやそれもどきの人々が公開している「ブログ記事タイトルのつけかた」は確かに参考にはなります。が、些末なところまで参考に(というか、もはや真似)してしまうためか、同じような煽り、同じような釣り、同じような胡散臭さの記事タイトルが乱立している現状です。

煽りタイトル記事には、多様性や独自性は存在しない、求められていないのです。

 

スポンサーリンク

煽りタイトルの記事に「本文」は求められていない

本文を読んでもらうためにはタイトルは重要です。

しかし、煽りタイトル記事の目的は、本文を読んでもらうことではなく、記事をクリックしてもらうこと。

本文はザっと見出しを見れば、おおかたのことはわかる程度。あるいは「煽り」「釣り」の回答が記事の後半に僅かにあるか、「○○に関する情報はありませんでした」とあるもの。記事の大半がテーマの焦点ではなく、広く周知されているような情報を延々と書いているだけの意味のないものです。

煽りタイトルの記事はタイトルが命、いわば「出オチ」です。

 

また、タイトルの煽る口調は書き手のキャラを作り出す狙いもあります。
やたらムカッとさせたり、気持ち悪いくらいに媚びたりするのもキャラ作りという戦略なのです。

 

スポンサーリンク

煽りタイトルの記事のターゲットとして想定されていない

「またこの手の記事かいっ!」と思うあなた。私もですが、そもそもこの手のタイトルに違和感があるということは、その記事のターゲットとして想定されていないのです。

 

『主婦必見!知らないと恥!?最新手抜き家事15選!』とか『モテ女子必見!男性が1回3万円以上のデートに誘いたいのはこんな女子!』といったタイトルを見て、「おおっ!コレよ、求めていたものは!」とならず、「手抜き家事を知らなくても恥じゃないし…」とか「手抜き家事が15もあるんかいっ!」とか「男を金で判別しちゃいかん!」とか思う人は、そもそもこの記事の想定読者じゃないんです。

 

「読む人をハッキリ想定して書くように」と言われるブログ。

「誰かに届くように」「誰かに刺さるように」というのは、一見なるほどと思わせる言い分ですが、届いた、刺さった、の大部分は勘違いです。

ともあれ、タイトルに嫌な引っかかりを覚えたら、「それは自分に向けられて書かれたものではない」そう思って間違いありません。安心しましょう。

 

スポンサーリンク

煽りタイトルの印象 自分のブログ記事タイトルで検証

ブログの煽りタイトルはいかん!とわかっていても、読まれたいという欲に勝てず、ちょっと煽ってみたりするもの。

特にブログ初心者で、あれこれと人気ブロガーやそれもどきブロガーの「ブログ術」なんかを読み漁っている時期は、これが正解と思って、煽っている自覚もなく煽りタイトルをつけてしまいがちです。

 

このブログの1本目の記事タイトルはこれ

『【初心者向け】クラウドソーシングのライティングで知っておきたい3つのこと』

です。

このタイトルは公開後、何度か手直ししたもので、すっかり煽り感のないものに仕上がっています。試しにこれを煽ってみましょう。

 

まず、軽めに、

『初心者必見! クラウドソーシングのライティングでこれを知らないと稼げない!?』

もっと煽り強めにしてみましょう。

『月収7桁!? クラウドソーシングはライティングがおすすめのホントの理由』

さらにチャラいキャラ感を出して煽ってみましょう。

『クラウドソーシングのライティングを始めたら、簡単にブラック企業を脱出できたよ!』

 

稼ぎたい人向け、副業や別収入を得て会社を辞めたい人向け、というようにターゲットは明確になりましたが、とにかく胡散臭い! そもそもこの記事はそんな内容じゃありません。

 

スポンサーリンク

まとめ 煽りタイトルに頼らない内容のある記事を

煽りタイトルは、

・独自性はないし
・出オチ感はあるし
・変なキャラがついてしまうし
・本文はまともに読まれないし
・ゲスなターゲット志向になってしまうし

ブログに甚大なダメージを与えることばかりです。

 

ブログ記事のタイトルは、本文の内容と整合性があり、読んでみたいと思わせるものにしたい。となると、記事のテーマ、内容そのものが重要になるのです。

煽らなくていい、釣らなくていい、キャラを作らなくていい、

自分が正直に書けることを書くー。

まずはそこからはじめましょう。

タイトルとURLをコピーしました