『 あの家に暮らす四人の女 』三浦しをん 父親なき世界

『 あの家に暮らす四人の女 』三浦しをん 父親なき世界

『 あの家に暮らす四人の女 』(三浦しをん・著)は、東京、杉並の洋館に暮らす4人の女性が織りなす物語です。

女だけの生活と、そこには存在しない父の影が、愉快に、そして清爽に描かれています。

Advertisement

『 あの家に暮らす四人の女 』はこんな話

自宅で仕事をしている刺繡作家で四十路前の娘、佐知とその母、鶴代の住む牧田家には、佐知の友人の雪乃、雪乃の職場の後輩、多恵美が同居しています。

牧田家は鶴代の祖父の代から続く資産家ですが、鶴代の父がぼんくらで資産は目減りし、現在はこの洋館と鶴代の老後資金が残るのみ。佐知は自宅で刺繍教室を開き生計を立てています。

引き籠り気味で慎重な性格の佐知と、お嬢さん育ちで世間知らずの鶴乃。
佐知の友人で同い年の雪乃は地方出身。「印象に残らない美人」で結婚願望はなし。
一方、雪乃の10個下の多恵美は、あっけらかんとした性格でダメ男に弱い。

そして牧田家にはもう一人の住人「山田一郎」がいます。

山田は牧田家の敷地内にある「守衛小屋」に住み、高倉健に憧れている老人。
山田の父の代から牧田家に仕え、主従関係のないいまも、牧田母娘を「お嬢さん」と呼び、健さんさながらに守衛の心意気で暮らしている。

この4人+1人の暮らしは、いくつかの珍事に見舞われます。

多恵美のストーカー撃退、雪乃の部屋の水漏れ事故、開かずの間で発見される河童のミイラ、泥棒侵入事件、佐知のイケメン内装業者への恋―。

これらの珍事とともに、この家にいない「父」の事情が明らかになっていきます。

―――――――――

4人の女性の名前からわかるように、この物語は谷崎潤一郎が旧家の4姉妹を描いた『細雪』をモチーフにしています。

没落した名家ー、というちょっと浮世離れした設定でありながら、そこに暮らす4人の女性それぞれの生き方や心情はまさに現代そのもの。

特に佐知と雪乃のやり取りは、これから中年期に突入する女性の心を揺らします。

結局のところ、と雪乃は思う。
佐知も私も、他人に対して不寛容なのだ。なにかを求めることも求められることも、許すことも許されることも、面倒だし自己の領域を侵犯されたかのように感じてしまう。
そんな人間は一人でいるほかあるまい。
<本文より引用>
Advertisement

父親が不在の世界にあるもの

佐知には父親の記憶がまったくなく、鶴代も父のことを語ろうとしません。

とはいえ、佐知が父親のことをまったく気にしていないわけではないはずー、と思った雪乃はその手掛かりを探ろうと、屋敷内の「開かずの間」をこじ開けます。

そこで発見されたミイラ!

当初はこれが父親ではないか、鶴代が殺害したのではないか、と騒然となるのですがー。

そこで突如、意外な「語り部」が登場します。

この「語り部」によって、少しづつ牧田家の真相が明らかになり、、さらにもう一人の「語り部」にバトンタッチされます。

物語の全容が明らかになるにつれ、最後は「語り部」の気持ちで『あの家に暮らす四人の女』を見守るような気持ちになることでしょう。

――――――――

父親の記憶がない子供ー、というと、「どこかで父親を求めているはず」と勝手に決めつけられることに違和感があります。

かくいう私も、父親の記憶はありません。

鶴代と同じように、私の母も父のことは一切会話には出しませんでした。
私自身も父親のいる友だちを見て、うらやましいと思ったり「どうしてお父さんがいないの?」と母に尋ねたこともありません。

まさに父が不在の世界でした。

母が亡くなって何年も経ち、親戚から父の人物像や別れた経緯(母が父を追い出した)、そして父もすでに故人であることを聞きました。

その話は、私が知っているその後の母の生き方と寸分の狂いもブレもなく、母が、母自身にも、私にも、追い出した父にも誠実に生きたということを教えてくれました。

私自身は父親を求めたことはありませんでしたが、母の中にいろんな形で吸収された父の物語が今の私に残っているー。

この本を読んでそんな思いにふけっている50歳を過ぎたわが娘を、二人はどこかで見ているのかもしれません。

あの世では、どうぞ仲良く。

 

勝手に書評カテゴリの最新記事