【メイキング】 3000文字チャレンジ 記事の作り方

【メイキング】 3000文字チャレンジ 記事の作り方

Twitterの企画で 3000文字チャレンジ というものがあります。

公式アカウントはこちら。

企画のヌシはこちらの方です。

 

出されるテーマについて3000文字以上書く! というだけのシンプルな企画ですが、書く人によってテーマの切り口がさまざまなので楽しくもあり、刺激にもなります。

「3000文字以上 画像、動画、文字装飾は禁」という制限の中で、どうやって書こうかと毎回考えるのですが、この制限をかいくぐって、どうやってこれまでの記事をひねり出してきたかー。

これを公開します。

3000文字メイキングです。どうぞ。

Advertisement

制限をどう考えるか

まず、「3000文字以上で、画像、動画、文字装飾なし」をどう考えるかー。

私のブログは若干長めのものが多く、3000文字以上の記事も少なくありません。

特に長い以下の記事のように、ノウハウやハウツーものオピニオン的な記事は、情報自体が多くなるため文字量も多くなります。

◆『【看護師転職サイト】のキラキラ情報に注意!うまい話には裏がある』(5702文字)

◆『誰かの劣化版 ブログ にしたくなければ、もう「真似」はやめにしよう!』(4955文字)

 

これらの記事では、多い情報を見やすくするため、細かく見出しを付けたり、太字、アンダーラインなどの文字装飾を行っています。
また、中だるみしないように画像を差し込んでいます。

3000文字チャレンジでは、画像や文字装飾は使えないため、情報量が多くなるノウハウ系、オピニオン系の記事は書きにくいと考えました。

となると、記事のスタイルとしては「エッセイ」です。

自分の日常や思いを綴るエッセイで3000文字。

これは案外難しいかも、ということであれこれ試行錯誤したわけです。

ここからは、その試行錯誤の詳細をご説明します。

Advertisement

「3000文字納豆」編

3000文字チャレンジに初参加となったこの記事。

◆『終わりなき【納豆40年戦争】』

初回のお題「ハンバーグ」は、肉嫌いのため参加をためらい「次なる機会にー」と胸を熱くしていたところ、2回目のお題は「納豆」! 肉よりもニクき納豆でした。

これはもう「嫌い」を前面に出して書くしかない。
「納豆苦手なんです〜」なんて生易しいものではなく納豆を撲滅する!
「納豆信奉派」との全面戦争を辞さない意気込みで書く。

という方針にしました。

納豆にまつわる忌々しい思い出や日常を書くことにしようと思いましたが、いい大人が嫌いな食べ物について素直に書き連ねるのも少々恥ずかしい。

そこで、主語を「私」にはせず、「少女」「立派な社会人」「物書き中年女史」に置き換えることにしました。
しかも、 これは文字数を稼ぐことにも一役買うことになりましてー。

こうして、ちょっと客観的なポジションをとることで書きやすくなりました。
まさか「ナットウキナーゼ」に自己開示を指南されるとは思いませんでしたがー。

・「なかなか見どころのある〇〇なヤツである」という一文をリフレインする
・企画主催者であるこぼり氏を軽くイジる
・看護師としての知識をチラ見せする
・青汁で脱線する
・ナットウキナーゼを擬人化する
・冒頭のフリ「騙されたと思って」を回収する

などの工程を経て『3000文字納豆』が完成しました。

「3000文字雑草」編

「なっとう」からの「ざっそう」ってなんやねん!

って、思いましたが、この思いは他のブロガーさんによって、ものすごいことになってしまうので、この切り口で書かなくてよかった、とホッとした次第です。

「雑草」と聞いて何を思い浮かべるかー。
私が記事を書くときの出発点は基本ココです。

で、思い浮かんだのは「雑草魂」でした。

雑草魂で頭に浮かんだのは、もとジャイアンツの上原投手。そしてメイショウサムソン

メイショウサムソンについては、普通に書いても3000文字にはなりそうもなく、思いっきり無駄口を叩くしかない。

ならばメイショウサムソン自身に語ってもらおうー。

と思ったワケです。

◆『【雑草魂】メイショウサムソンは語る』

競馬を知らない人が読んで楽しめるかー、という不安もありましたが。

・インタビュー(もちろん架空です)記事に仕立てる
・メイショウサムソンには胡散臭い関西弁を使わせ、思いっきりキャラを立てる
・文字サイズで遊ぶ(3000文字のルールでは「文字装飾は禁」ですが、どこかで「黒太文字、サイズ変更は可」という文言を見た気がしたのでー、違っていたらスイマセン)

などを駆使して『3000文字雑草』が完成しました。

Advertisement

「3000文字雪」編

はじめてのクリスマスデートで、まつ毛についた雪を彼がそっととってくれたー、みたいな美しい雪の思い出がないので、どうすべきか考えました。

たまたまTVで「雪の歌の特集」があっており、これだ!とひらめいたのはいいのですが、『雪の華(中島美嘉)』とか、『雪のクリスマス(ドリカム)』などの名曲をどう取り扱えばいいのかわからない。

ならば、ぜんぜん知らない歌で、その世界観を考えてみるのもオモシロいんじゃないかー、なんてことを思いながら、寝しなにスマホでタイトルに「雪」がつく歌を検索しておりました。

「なんの歌にスッペかなー」とネッペをこいたところで、『雪次郎鴉』が目にとまりました。

「作曲:宮路オサム」ということは、この曲は間違いなく「ど演歌」。

バカは死ななきゃ アアン…アン 直らねぇ”のくだりは、もはや「イジってください!」と言っているように思えたのです。

演歌の歌詞は分量は少なくてもインパクトは大きい。イジるのにもってこいです。

「脇差」と書いて「どす」と読ませるあたりは、いやでもこちらのインスピレーションを高めます。

そこで舞い降りてきた「ドス・カラス」。 自分でもよく覚えていたなと感心した次第です。

・雪次郎はサラリーマン設定にする
・出てくる言葉をできる限り「あらぬ方向」に解釈し ”バカは死ななきゃ アアン…アン 直らねぇ”につなげる

そうやって『3000文字雪』は完成しました。

◆『あなたの知らない【雪次郎の世界】』

 

「2019文字ブログ」編

お正月企画として2019文字以上で、となったこの回。

文字数を減らし、みんなが書きやすいであろうテーマとして「ブログ」が選ばれたそうですが、意外なことにこれが案外書きにくいものでした。

ブログへの思い入れがないわけでもないのですが、いい歳をした大人なので「ブログ、ウェーイ!」「ブログ、サイコー!」「ブログって無限の可能性がありますよね!」みたいなことは恥ずかしくて書けません。

書いている姿を誰に見られているわけでもありませんが、スマホやPCの中の基盤は大笑いするでしょう。

主観では書きにくい。
かといって、「ブログの歌」なんてないし、そもそも「ブログという定義」もハッキリしないじゃん。
と思いながら義実家で元旦を過ごしていたところー。

奇跡的に「ブログって何?」という素朴な疑問が、義母の口から放たれました。

ブログをまったく知らない人に「ブログとはこういうものです」と説明することはできるのか?
説明するとどうなるのか?

をかなりリアルに書きました。

◆『難問です!「ブログって何?」』

自分の考えや理解とまったく別次元にいる人の発想、発言は、記事(エッセイ)ネタの宝庫ということを悟り、『2019文字ブログ』は完成しました。

Advertisement

3000文字チャレンジにはいい読み手がいる

こうやって苦心惨憺して書いた記事は、多くの方に読まれます。

そしてお褒めの言葉をいただき、幾度となく昇天いたしました。

3000文字チャレンジの素敵なところは、「いい読み手」がいるところではないでしょうか。

「こんなの書いても誰が読むんだろう……」なんてことを思ったら、絶対に「雪次郎」なんて書けませんって!

書くのも楽しければ読むのも楽しい 3000文字チャレンジ 。

ぜひ一度お試しください。

『Twitter企画 3000文字チャレンジ』カテゴリの最新記事