2020年6月の「まんざらでもないまとめ」

月刊まんざらでもないまとめ

2020年6月。

新型コロナがなかったら、今頃はきっとオリンピックに向けてワイワイ言ってたはずー。
なんてことを思いながら、コロナがあろうとなかろうと、オリンピックがあろうとなかろうと、独自の活動にいそしむ方々をピックアップした今月のまんざらでもないまとめです。

アンジャッシュ渡部 不倫報道で芸能活動自粛へ(6月11日)

グルメや高校野球通のほか、TV番組や映画の宣伝トークの巧みさで知られる人気お笑いコンビ、アンジャッシュの渡部建氏に複数の女性との不倫が発覚。芸能活動を自粛することとなった。

またか、というサラッとした感想では済まされないほど、あれやこれやとツッコミどころが出てくるこの一件。多目的トイレで密会していたとか、事後に1万円を渡していたとか、報じられていることがホントなら、かなりのクズ。数ある不倫騒動のなかでもトップクラスのゲスさ。

で、記者会見はせず、文春の独占取材という形で騒動を釈明。ここで「安全な遊び」という新たな火種をぶち込んできた。派手な世界なのでそういうプロ的な女性もいるだろうけど、おそらく多目的トイレの人とは別だろうし、

なんて、どうでもいいことよ、ホントに。

河井案里、克行夫妻 買収の容疑で逮捕(6月18日)

2019年夏の参議院議員選挙におけるで公職選挙法違反(買収)容疑で逮捕となった河井夫妻。

世間が新型コロナでたいへんなことになる前から、ウグイス嬢に多額の報酬を支払っていたことが報じられ、その資金は党本部から出ていたのではないか、その目的は対抗議員を追い落とすことではー、とザワついていた。さらには、この一件の火消し要員と思われた黒川検事長がまさかの賭けマージャンで辞任。

ホントにコロナのゴタゴタに乗じてー、ってわけではないでしょうが、ようやくの逮捕となった。で、夫妻の逮捕後、「私ももらっておりました」と、地元県議が次々と告白。なかには総理の指示を匂わせる議員もいるという。

離党しているとはいえ、元自民党議員で夫、克行氏は元法務大臣。問題の金の出所でもある自民党と党トップ(もちろん首相)に責任がないはずはない。

2021年2月 案里氏は公職選挙法の有罪を受け議員辞職(当選無効)となった。
当時、岸田派と安倍、菅の対立のいわば代理戦争といわれていたが、その後の総裁選で岸田氏は破れ菅総理が誕生した今、事件の全容は謎のまま。
2021年6月 克行氏は懲役3年の実刑判決。が、判決を不服として控訴の予定。
2021年10月 菅総理が退陣し岸田氏が総理の座に。克行氏は控訴を取り下げ有罪が確定した。が、安倍元総理の関与はうやむやに……。

はあちゅう氏、誹謗中傷の情報開示請求が認められる(6月27日)

ブロガーで作家のはあちゅう氏が、自身を誹謗中傷するネット上の書き込みについて、情報開示請求が認められたことを報告した。

ネット上の誹謗中傷が社会問題化する中、書き込んだ相手を特定する「発信者情報開示」の簡素化が検討されている。現在はまだ煩雑な手順が必要ななか、はあちゅう氏は、とある掲示板のひとつのスレッドの書き込みに対して弁護士を通じて開示請求。その一部が(というか多くが)誹謗中傷に相当すると判断されたとブログで報告した。

一部には「はあちゅうもざんざんディスってたじゃん!」といった反論や「誹謗中傷ではなく正当な批判です」や「イヤなら見なきゃいいじゃん」といった意見もあり、それらも含めてこの問題がどうおさまるのかは非常に興味深い。

代理人弁護士が目ぼしい弁護士を訴えるという泥仕合となっている本件。個人的には興味がなくなったので、誹謗中傷問題に関しては別の動きを追っていきたい。

まんざらでもない今月のまとめ

今月はあえて世間をザワつかせている事件や人物を取り上げてみました。
で、こうして取り上げる以上、公式サイトやブログをしっかりチェックいたしました。
思った以上に親しみやすいというかラフというかー、(言葉を選んでマス)。

そんなもの。ネットの書き物ってそんなもの、ーでいいの?
タイトルとURLをコピーしました