2019年6月の「まんざらでもないまとめ」

2019年6月の「まんざらでもないまとめ」

2019年6月。真夏のような暑さの日もあるかと思えば、上着がいるような日もー。

梅雨入りが記録的な遅さになった地域もあった今月、世間と私を熱くさせた話題はこの3つです。

<関連記事>


Advertisement

南海キャンディーズ・山里亮太さん、蒼井優さん結婚 (6月5日)

朝起きて早々、TVで一報を知り「ほう、山ちゃん結婚か。ん? 蒼井優!」と、そりゃもう驚きました。

で、この日の夜にお二人(+しずちゃん)揃っての記者会見があり、このときの山ちゃんの男っぷりと蒼井さんの可愛らしさに「久々にイイものを見たなぁ」と思いました。

 

あのモテ女優・蒼井優を射止めたということと、その「モテ報道」に対する山ちゃんの真摯な姿勢で、山ちゃんの好感度がかなり上がった結婚ですが、私はむしろ「蒼井優、さすが」と思いましたよ。

若い頃はその見た目のイメージから、今や死語となった「森ガール」的に扱われることに反感を覚え、むちゃくちゃモード系のファッション誌に登場したり、いきなり超ショートカットにしたり、と、けっこうアバギャルドな一面を見せていた蒼井さん。

主演じゃなくても光る存在感は、同年代の女優の中でもピカイチです。

 

そんな確固たる自分がある彼女が選んだのは、これまた確固たる自分がある男性。
ブサメンと言われようとも、笑いのセンスや人当たりの良さは広く知られており、芸風と違って卑屈になるところがまったくない山ちゃん。

 

よく似ていると思うんですよね、このお二人。

ま、先はどうなるかわかりませんが、自分を曲げることのないお二人でいてほしいと思います。お幸せに!

 

Advertisement

 

老後のお金2000万円問題勃発(6月10日)

「老後は年金だけじゃ生活していけないので、自己資金として2000万円は必要ですよ」という話が世間をザワつかせています。

 

私は「そりゃそうよね」と思ったのですが、世間の一部はそうではなく、TVやメディアがおかしな焚き付けをして、さらに「あの報告書は政府としては容認しないから受け取らない」と麻生大臣がトンデモ行動に出るし、いったい何が問題なのかよくわからないまま「えっ!?株?投資したほうがいいの?」なんてうろたえる人も出る始末。

 

年金だけじゃ賄えないことは前々から言われていることで、何を今さら、と思ったのですが、このニュースで「ん?」と思った部分も。

「だから投資して資産運用しようね」

つまり、単に「貯めとけよ」というのではなく「投資しろよ」と。

 

そもそもこの報告書を出しているのは金融庁。

なので、報告書の主旨は「もっとお金を市場に流動させようよ」ということなんですよね。

 

それを年金制度の崩壊ガーとか、政府ガー、安倍ガー、と騒ぎだし、「デモなんかやってないで働けよ、税金泥棒が!」みたいな余計なことを言う人が出てきてー。

 

こういうときこそ冷静に「お金」のことを考えたい。

人の暮らしはさまざまなので「平均」が当てはまらないことも。

麻生大臣のように、実家が超極太だったら「年金」を貰っているかどうかすら考えることないだろうし、子供がいるかとか、持ち家(ローンがある)か、何歳まで働くつもりなのか、そういった「自分がどう生きていくか」のデザインは、早いうちからしておくべきだと思うんですよね。

 

で、ただその通りに生きていくのではなく、世の中の情勢に合わせて調整していく。

ちゃんと世の中のことを知らなければ、踊らされるだけですからね。

 

サブプライムローンによる金融市場の破綻を描いたこちらの映画もどうぞ。

 

◆この4人が手に手を取ってー、という話ではない映画『マネー・ショート』(2015年)

 

◆今は亡き(死んではいませんがー)名優ケヴィン・スペイシー主演の映画『マージン・コール』(2011年)

吉本興業 闇営業問題で謹慎処分を下す(6月24日)

吉本興業の所属芸人が事務所を通さずに仕事(つまり闇営業)をした問題において、全員を謹慎処分としたニュース。

この一件は、5年前のこと。すでに解雇となった芸人、カラテカ入江の仲介で、とある団体の忘年会に参加したのは、雨上がり決死隊の宮迫博之、ロンブー田村亮ほか10数名の芸人。

その団体がオレオレ詐欺グループであり、金銭の授受があったことが発覚。

 

写真週刊誌による発覚当初は「詐欺グループとは知らなかった」「報酬は受け取っていない」と言い訳をしていたが、これが結局ウソだったのだから情けない。

 

大昔の付き合いを改め、反社会的組織とは一切関わらない姿勢をとる事務所(吉本)にとっては、この処分は当然の判断でしょう。

 

売れない芸人ならともかく、お金は充分にあるであろう宮迫さんや亮さんが「闇営業」をしていたというのは、認識が甘いとしか思えません。

「バレないだろう」「このくらいいいだろう」という気持ちもあったのかもしれませんし、その団体がいかにも「反社です!」という感じでなければ「マズイかな」と思わなかったのかも。

 

でも、その甘さの代償がコレですよ。

 

スポンサー至上主義のTV業界では、当分出演は無理でしょうし、一度そういうところとつながってしまった人は、思わぬところでまた引き込まれることになりやすいもの(今回の入江さんがそのいい例です)。

 

これに続いてスリムクラブの両名も無期限の活動停止処分に。

こちらは3年ほど前に暴力団関係者である飲食店オーナーの誕生会に出席して報酬を受けていたことが発覚。
本人たちはオーナーが反社の人間という認識はなかったという。

 

このケースも闇営業じゃなかったら、事務所のチェックが入っていたら起きなかった問題かもしれません。

 

そもそも、いい大人が誕生会ってー。

します? 私の認識がズレてたらアレですが、普通の大人が家族以外で集まって誕生会ってしますの?

 

Advertisement

 

今月のまんざらでもないまとめ

自分をしっかりと持つこと。
繫がる人、情報、社会を見極める力をつけてきましょう。
「大人の誕生会問題」については保留。

 

――――――――――

<お知らせ>

引き続きお知らせです。

当ブログ『まんざらでもない日記』は、2019年7月に一部リニューアルします

わざわざ言うまでもないことかもしれませんが、Twitterをやめたのでこちらでお知らせを。

<関連記事>

 

映画や本のネタを中心とした雑記ブログには変わりありませんが、もっと社会ニュースに絡めた記事作りにシフトしていきます。

つまり、この月ごとの「月刊まんざらでもないまとめ」が日々に分散するようなスタイルです。(『月刊まんざらでもないまとめ』は続行します)

 

このリニューアルに伴い、一部のカテゴリーを再編し、随時リライトしていく予定です。

映画レビューも続行します。

 

今後ともよろしくお願いいたします。

月刊まんざらでもないまとめカテゴリの最新記事