2019年3月の「まんざらでもないまとめ」

2019年3月の「まんざらでもないまとめ」

2019年3月 新しい元号がなにになるのか、あと数時間で発表されます。

それも気になるところですが、ともあれ、今月も「まんざらでもないこと」をまとめておきましょう。

Advertisement

ピエール滝 コカイン使用疑いで逮捕(3月13日)

先月の新井浩文氏の逮捕(強制性交罪)について今月も人気俳優が逮捕された。

ミュージシャンや声優としても活躍し、ここ数年はドラマや映画では欠かせない存在となった俳優のピエール瀧氏がコカインを使用したというもの。

 

深夜にこの速報を見たときはホントにビックリしたし、翌朝にはTVの報道番組も騒然としていた。

使用歴や入手ルートなど犯罪の詳細はさておき、出演作品が次々と放映中止になるのはツラい。

放送中止やCDの発売停止などの判断についてはさまざまな意見もあるが、そんななか今春公開予定の『麻雀放浪記2020』(東映)は、ピエール瀧氏の出演シーンもノーカットで公開することが決まった。

有料コンテンツはお客や視聴者が意思をもって鑑賞するのだから「不用意に目に入る」という不快感をもたらさないという判断である。

 

私はこれは英断だと思う。

wowowが予定されていた『孤狼の血』(2018年)の放送を早々に取りやめたことは残念でならない。

 

―――――――

 

なぜ薬物はいけないのかー。

仕事や世間への影響が大きいからではない。もちろんそれもあるのだけれど、なにより、その人自身を蝕んでしまうからである。

 

自分を傷つけてしまう「罪」とどう向き合えばいいのかー。

いつも考えさせられるけど、答えは出ない。

 

イチロー プロ野球選手を引退(3月21日)

大リーグ・マリナーズの外野手イチロー選手が、プロ野球選手としての第一線から引退することを発表した。

日本(東京ドーム)での開幕戦に出場していたイチロー選手は、この日の試合終了後に記者会見を行った。

 

45歳、28年間の活躍は、どんな言葉でも言い表せそうにない。

数々の記録はもちろんのこと、一つ一つのプレーが華麗で多くの人を魅了し続けた。

グランドを離れたところでもスターであり、ときに常人では理解できないコメントをすることもあった。

いつまでも変わらないシュッとした体形で衰えは感じなかったけど、昨年途中から選手出場はなく、今年復帰してからも無安打だった。

この一気に終わった感じが潔いというかー。

 

ホントの「終わり」を見た気がした。

Advertisement

トランプ大統領 「ロシア共謀」はなかった!?(3月25日)

2016年のアメリカ大統領選挙において、ロシアの介入、共謀は確認できなかったと発表された。

これで完全に「シロ」ということになるのかはわからないけど、こういう事件は早めに映画化してほしい。

 

この一件で思い浮かべる映画といえば『ニュースの真相』(2016年)

 

2004年のジョージ・W・ブッシュ大統領(当時)の再選に絡み、CBSはブッシュ大統領の軍歴査証をスクープするが、その証拠となったメモはねつ造されたものではないか、という疑惑がもちあがり、女性プロデューサーが追い詰められていくー、という話。

女性プロデューサーを演じるのはケイト・ブランシェット。報道番組のアンカーマンを御大ロバート・レッドフォードが演じる、見ごたえたっぷりの映画です。

 

で、そのジョージ・W・ブッシュ大統領の下で副大統領を務めたディック・チェイニー氏を描いた映画『バイス』がもうすぐ公開になります。

映画『バイス』公式サイト

クリスチャン・ベールがまたまた驚きの変貌によりチェイニーになりきっているし、ブッシュに扮したサム・ロックウェルも見もの!

 

◆ケイト・ブランシェットが追い詰められます

今月のまんざらでもない「まとめ」

・自分を傷つける「罪」とは
・本当の終わり方
・真相は映画の中に?

月刊まんざらでもないまとめカテゴリの最新記事