2018年11月の「まんざらでもないまとめ」

2018年11月の「まんざらでもないまとめ」

2018年11月。今年もあとわずか。平成最後の年末年始を迎えます。

そんな中、今月も世間を賑わすさまざまな出来事やニュースがありましたが、「まんざらでもないこと」として私が残しておきたいニュースはこの3つです。

福岡ソフトバンクホークス 日本シリーズを制し2年連続日本一!(11月3日)

セリーグの覇者、広島東洋カープとの日本一をかけた戦いは第6戦までもつれた。

ホークスは1敗1分の後、本拠地で3連勝。
第5戦は一進一退の攻防が続き延長へ。
10回裏、4番柳田が守護神中崎のスライダーを完璧にとらえホームランを放ち、劇的なサヨナラ勝ちとなった。

そして、この勢いのまま敵地マツダスタジアムへ。

必ず第6戦で決める!という気持ちが投打に現れ、内川のバント、西川のスクイズで1点をもぎ取った。

先発バンデンハークも今季最高のピッチング。

が、なんといってもこの試合、この日本シリーズの主役はキャッチャー甲斐であった。

6連続盗塁阻止はシリーズ新記録。そしてシリーズMVPに輝いた。

―――――――

レギュラーシーズンでの優勝を逃した悔しいシーズンだったが、CSを勝ち上がり日本シリーズにたどりついた。

シーズン序盤から故障者が多く、一度も首位に立つことができない苦しいシーズンだったが、こうして日本一となり連覇を達成できたことは、いつもとは違う喜びがあった。

でも、来年はレギュラーシーズンの優勝ですよ!

頼みますよ!

Advertisement

老人ホームで6人が相次いで死亡(11月21日)

鹿児島県の住宅型有料老人ホームで、入居者6人が相次いで死亡していたことが明らかになった件。

死因はいずれも病死だが、直前に介護職員が一斉に退職し、夜間は施設長が一人で対応していたことなどが問題視された。

で、統括責任者である医師(院長)のふてぶてしい会見がマスコミや世間の反感を買うことになった。

この院長の態度はさておき、この施設自体の問題性は大きいと見た。

本来、住宅型有料老人ホームは介護付き有料老人ホームと異なり、介護職員や看護師のケアや見守りの基準がない施設。
名目上は、寝たきりや医療介入を必要とする入居者はいない施設のはず。

が、今回のこの施設だけでなく、こうした受け入れが難しいはずの、介護や医療必要度の高い高齢者が入居している「住宅型ー」や「サービス付高齢者向け住宅(サ高住)」は多い。

介護や医療の手を必要とする高齢者は、「介護療養型医療施設(療養病床)」か「特別養護老人ホーム(特養)」または「介護型有料老人ホーム」への入居が適している。

しかし、「介護療養型ー」は介護施設へのシフト化により病床数が減少の一途。「特養」は入居待機者が多い。「介護型有料ー」は費用がかかる。

こうした問題から、比較的容易に入居できる施設として「住宅型ー」が選ばれてしまう実態があるのだ。

今回の施設は、高齢者や身障者のケアを総合的に行うグループの中にあり、クリニックのほか特養や訪問事業部もある。

介護職が一斉退職したこと自体、フツーじゃないことだけど、グループ内で人員のやりくりなりなんなりできなかったのだろうかー。

Advertisement

准看護師に懲役30年求刑 千葉の睡眠剤事件、殺意否定(11月21日)

もう一つ老人ホームがらみのニュース。

昨年(2017年)の2月。飲み物に睡眠薬を混入して同僚を交通事故で死亡させた事件で、逮捕された72歳の准看護師。

このニュースは、睡眠薬を混入している現場の映像もあり、しかも72歳で、しかも動機がザックリいうと「やっかみ」で、おっそろしーな、オイ!と思った。

看護師が絡む犯罪はいろいろあるけれど、何が怖いかって、医療や看護の知識を活かして犯罪に及んでいること。

点滴に消毒薬を混入した事件や、古くは福岡県久留米市で起きた看護師4人によるインスリン注射を使った連続保険金殺人事件など。

どんなに仕事がデキない看護師でも、患者さんに期待されない看護師でも、看護の力を使って犯罪を犯すことだけはあってはならない。

求刑のとおり、罪は非常に重いと思う。

今月のまんざらでもない「まとめ」

・「守り」によって日本一
・「守り」が崩れ一大事に
・「守り」の力を悪用するな!

月刊まんざらでもないまとめカテゴリの最新記事