2018年1月の「まんざらでもないまとめ」

まんざらでもない 1月月刊まんざらでもないまとめ
スポンサーリンク

2018年1月。

今月もいろんなニュースがありました。

そんな中から、気になるニュースをピックアップし、「まんざらでもないこと」を集めていきます。

「このニュース、私はこう思います!」 今月はこの4つです。

スポンサーリンク

ネットゲーム依存は「病気」WHOが疾病分類に追加へ(1月4日)

ネットゲームのやりすぎが日常生活に支障をきたすほど重症化した、いわゆる「ネトゲ廃人」が「病気」として国際疾病分類(ICD)に盛り込まれるようになった、というニュース。

ゲームをする衝動が抑えられず、仕事や学習、家庭、社会生活に重大な問題が生じていることを「診断基準」にし、今後の統計調査や診断に役立てられるというものです。

 

「ネトゲ」も立派な病気というわけですね。

ネトゲに限らず、アルコールやタバコ、ギャンブルなどの「依存症」は、病気として治療対象になっています。

禁煙治療に対する保険適応(禁煙外来)が始まった2006年当時も、「好きでタバコ吸っておいて、保険で治療っておかしくない?個人の責任でしょ」という意見はたくさんありました。

しかし依存症は、自分の意思だけで、その問題行動を改善することができなくなっている状態です。

なので、どの程度、社会生活に問題を生じているのかを客観的に「診断」する必要がある、というわけです。

 

さらに、この先の社会においては、「ネトゲ廃人化」は若者に限った問題ではありません。

ゲームだけでなく、SNSをはじめとした情報環境への依存は、誰にでもどの年代にも起こりうる問題です。

依存症の予防には、過度にハマってしまわないように自制することが大切ですが、「自分は大丈夫」と思う人ほど、大丈夫ではないので―。

スポンサーリンク

振袖レンタル業者「はれのひ」が成人式当日に店舗閉鎖し被害続出(1月8日)

成人式当日に突然営業を停止し、予約していた着付けができないという新成人が相次いだ問題。
その後、「はれのひ」の社長は雲隠れし、騒動から2週間以上たった26日にようやく謝罪(にもなっていない)記者会見をしました。

事件発覚当初から詐欺や計画倒産も疑われ、今後ことの経緯が明らかになっていくでしょう。

 

とは言っても、一生に一度の「成人式」を台無しにされてしまった新成人の方々にとっては、「残念です」では済まされない問題。

これから大人として社会への責任を自覚しながら―という気持ちの節目になる「成人式」なのに、大人がこれほど無責任なことしちゃダメでしょ。

 

で、さらに、「振袖がなくても成人式には出られるでしょ」という大人の意見があったことにも驚きました。

そりゃ、そうだけど、今の成人式は、もはや「大人の自覚をもつための式」ではなく、「成人になったことのお祝い(をしてもらう)式」という意味合いのほうが強い。

「お祝い(をしてもらう)からには着飾って―」という風潮は今に始まったことじゃないですよね。

コスプレ大会の成人式にモノ申したい気持ちは分かりますが、ココ、じゃないです。

 

そんな中、急遽、振袖の貸し出しや、着付けのサービスをした着物店や美容室もあったという。

さらに、こちら!

 

 

ホント、これが「大人」です。

 

スポンサーリンク

大相撲初場所開催 二横綱が途中休場(1月28日千秋楽)

1月14日大相撲初場所が開催。横綱としての取り口や品格が問われている白鵬は2敗した後の5日目、両足親指を負傷し途中休場となった。
また、ケガからの回復が充分でない稀勢の里も6日目に休場を決め、5場所連続の休場となった。

 

昨年の九州場所以降、日馬富士の暴行事件や貴乃花親方と相撲協会の確執、さらには行司のセクハラなど事欠かない相撲界。

純粋な人気だけではない関心も相まって、初場所は15日間満員札止めだったと―。

場所中一度もTV中継は見ていないし、そもそも相撲に興味がないのですが、こうも毎日「横綱ガー」とか「親方ガー」と言い続けられると、無関心ではいられなくなります。

 

何があっても変わらない相撲界の体質って、ほんとに「協会」だけの問題なのでしょうか?

騒動が続き、今まで知らなかった相撲界のことを知るにつれ、「そんなに相撲大事?特別なもの?」ってのが率直な気持ちです。

年に6場所あるのは知っていましたが、そのたびに打ち上げパーティって、2か月に1度パーティ?多すぎじゃない?お金の臭いし過ぎじゃない?

ちなみに、今場所で優勝したのは平幕の栃ノ心。ジョージア(グルジア)出身の力士です。

 

で、この栃ノ心はそのイケメンっぷりから、「角界のニコラス・ケイジ」って言われているそうですが―。

スポンサーリンク

音楽プロデューサー小室哲哉氏引退表明(1月19日)

「週刊文春」に不倫疑惑が報じられ、その後の会見で「騒動になったことへのお詫び」と「介護疲れと体調不良」を理由に引退を発表した一件。

この会見の様子はホントに痛々しかった。

その痛々しさもあってか、会見後は、「あんなに才能がある人を引退に追い込むなんて!」と一気に「文春叩き」です。

 

そもそも不倫や介護、体調不良も全部「個人的なこと」なのに、あんなかたちで世間に告白しなければならなかったのでしょうかね。

不倫疑惑が報じられたら、つまびらかに(しかも迅速に)世間にむけて「会見」をしなければならない風潮っておかしくないですか?

 

わたしは、もっと「うやむや」でいいです。いや、「うやむや」がいいです。

 

スポンサーリンク

今月の「 まんざらでもない 」まとめ

・ネトゲ廃人に、うっすらとではありますが「光」が差し込めてきたました。
・大人の無責任さを「大人の面白さ」でやっつけようとする「大人」がいます。
・ニコラス・ケイジは、「イケメン認定」されています。
・私の「うやむや力」は、さらに高まりつつあります。
タイトルとURLをコピーしました