新着記事

歴史ドラマ

映画『活きる』(1994年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『活きる』は、1940年代~60年代の大きく揺れる中国社会を、一つの家族をとおして描いた大作映画です。原作は余華が1993年に発表した同名小説。監督はチャン・イーモウ。国の体制に翻弄される人間の弱さと、それでも生き抜こうとする強さを実感する1本です。
2021.09.18
まんざらでもない日記

「TVも新聞も見ない」にも流派がある/「信じる」って実は重い/読書の秋、始まる

最近よく目にする「TVも新聞も見ない」これには流派があるようで、ちょっと気になることがー/「信じるか信じないか」に自分を追い込むのは危ない。「信じる」って実はめちゃくちゃ重い、を思い知る映画を1本/公立図書館の再開で予約本がイッキに到来!読書の秋、始まる、の3本です。
映画

いまさら見ていない、実はよくわからなかった、とは言えない映画を見てみよう

若い頃「この映画を見ていないとカッコ悪い」という思いから見た映画が何本もあります。そのほとんどが良さがよくわからない映画だったのに、「さすがゴダールですよね」なんてちょっと映画わかってます風を気取っていたのだからホントに恥ずかしい。今こそ「よくわからなかった」「見ていない」を乗り越えてみようとー。
コメディ

映画『赤ちゃん泥棒』(1987年)のザックリとしたあらすじと見どころ

映画『赤ちゃん泥棒』は、赤ちゃんができない夫婦が大富豪の5つ子の一人を連れ去ったことから始まる、壮絶でおバカなアクションコメディ映画です。赤ちゃんを得て父となる元強盗に若き日のニコラス・ケイジ。おなじみのジョン・グッドマン、フランシス・マクドーマンドらが脇を固めるコーエン兄弟初期の傑作映画です。
タイトルとURLをコピーしました